リバースモーゲージローンって何?

リバースモーゲージローンとは自宅を担保にお金を借りる不動産担保ローンの1種です。
自宅を手放さずに自宅を担保に老後の資金を借りることが出来、最終的には不動産の売却代金で返済することが出来ます。
自宅を担保に借入れますので住宅ローンと似ていますが、住宅ローンの場合は毎月返済が「必要となります。
しかしリバースモーゲージローンはお金を借りた本人が亡くなった後、現金での返済ができない時に抵当権を行使して自宅を売却し返済に充てます。
リバースモーゲージとは逆住宅ローンという意味で、普通住宅ローンは時間の経過とともに債務残高が減っていきますが、リバースモーゲージローンは時間経過とともに債務残高が増えていきます。
リバースモーゲージローンを利用すれば収入や手持ちの現金が少ない高齢者でも現金を手にすることが出来ます。
生存中は返済しなくて良いので老後資金を準備する手段としていま注目を集めているローンです。
借り入れた資金は様々な事に使用することが出来、住宅ローンの返済に充てることも出来ます。
デメリットとしては金利上昇と自宅価値の下落、借り主の長生きリスクなどが挙げられます。
リバースモーゲージの金利は変動型が一般的ですので将来、金利が上昇してしまうと利息負担が増えてしまいます。
不動産の価格が低下すれば自宅会が低下しその場合は見直しが実施となり毎月受け取れる金額が減る恐れがあります。
また借り主が当初想定した年数よりも長く生きた場合は、担保価値を超えた借り入れが出来ませんので銀行融資が打ち切りとなることもあります。
リバースモーゲージローンを利用すると死後に自宅は売却され相続財産としての価値を失います。
相続人の受け取り財産が減少しますのでリバースモーゲージは相続人の許諾が必要となります。http://www.threecrossretail.co.uk/